『大奥 第6巻』よしながふみ著・白泉社 購入。
大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)
(2010/08/28)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


読み応えありました。
せつないという言葉では、表現しきれない、複雑な気持になりました。
男と女とは、生きるとは、老いとは・・・さまざまな思いが胸に広がってゆく感じです。
1巻から読み返したいところなのですが、ただいま娘のところに貸し出し中。
映画化に伴い、読みたいという学生の間で回し読みされているようです。

書店で、『大奥公式ガイドブック』発見。
映画&原作「大奥」公式ガイドブック映画&原作「大奥」公式ガイドブック
(2010/08/28)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


映画のガイドブックだと思っていたので、スルーしていましたが、今日なんとなしに手にとって見たら、原作について半分はさかれていて、しかも、なかなか中身が濃く読み応えがありそうでした。
ちょっと、欲しいかも・・・。
出版社め、こりゃあ、映画出演の俳優ファンはきれいな写真がある程度載っていれば抛っておいても買うだろうから、原作関係の記事で、それに加えて原作ファンにも買わせようってぇ腹だな。
まんまと策にはまって、迷っちまってるよ。
(と、ちょっと、べらんべえにしてみました。)

原作好きなだけ、今回のキャスティングは、かなりイメージが違ってしまって・・・。
映画は、原作に思い入れがないか、知らないほうが、素直に楽しめるように思います。
漫画の映像化って、本当に難しい。
スポンサーサイト