「ごめん、愛してる」の第3話で、律が父の死を知ったときの「痛くも痒くもない」から、「蚊に刺されたようなもんだ」というセリフの流れに引っかかりを感じていたんですが、娘から納得のいく答え(?)が。
蚊に刺されたらかなり痒い。
つまりは強がって痛くもかゆくもないとは言っても、本当はかゆい、実は動揺しているということ。
つい辻褄が合わないことを口にするくらいに動揺しているということなのではないの?
と。
なるほど~と納得してしまいました。
あのセリフってそういう風にとればいいんだ。
娘に読解力が足りないねといわれちゃいました。
うん、足りなかったよ…。
みんな、そんな風に読んでたのか…。
そこに引っかかっていた自分の読解力不足を恥じました。
お恥ずかしゅうございます。
でも、引っ掛かりがひとつ消えてスッキリ。


実は先週末体調不良で半日寝込みました。
今日はやっと食欲も戻ってきたので、無理しないように低空飛行でやっていこうかな。
スポンサーサイト