「TOKIOカケル」のゲストは、上戸彩さんと斎藤工さん
映画昼顔のプロモですね。
斉藤さんがサービス精神あふれていて、とても楽しいトキカケでした。

上戸さん、パスタの1人前が上手く測れないとのことですが、パスタメジャー使えばいいのに。
今は1人前で結束されているタイプも発売されているけれどg単価を考えると結束されていないタイプのものの方がお安いので、けちなわたしは無結束の普通のタイプを買ってます。
なんせ我が家には凄い偏食な奴がおりまして、365日麺をゆでない日はないので、g単価はとっても大切。
特にスパゲティは他の麺類に比べて一食分が安く上がるんで、ほぼ2日に1回は食卓に並んでます。
365日麺でも、それが岸先生だったら喜んでゆでちゃうんですけどねぇ(笑)。
ちなみにスパゲティ、ゆでる前に水かぬるま湯で戻しておくと短時間でゆであがる上に、食感がもちもちして美味しくなります。
うちは時短目的なんで、水じゃなくてぬるま湯で戻しちゃってます。
夏に加熱時間が短くて済むのはとってもありがたい。
ということで、これからの季節にはお勧めです。

駅女子、リーダーに斎藤さんが乗ってくださったこともあって、いつもより楽しく見られました。
でも、基本、このコーナーはあんまり・・・です。

男の色気について、語られていました。
色気って、ひょっとしたら本能的に結びついた行為や行動に感じやすいものなのかも。
ものを食べるって、食欲という本能に基づく行為だから色気を感じやすいんじゃないかと思ったり。
色気自体が、本能に働きかけるもののような気がするし。

あと、私が思うに男の色気には、計算して作りあげるものと、自然に出てくるものがあるのでは。
計算して作りあげるのは、自意識を思い切り働かせて作りあげる色気。
気障を感じてしまうような色気。
やりすぎると、カッコつけとか気障になって色気どころか滑稽になってしまうけど。
それとは正反対で、自然な色気は自意識がないかあるいは著しく低くなった状態で出るもの。
ナチュラルで構えのない姿から、不思議と立ち上ってくる色気。
二つの色気が上手く重なると、かなり強烈なものになりそう。
ただ、男性の場合は後者が強いほうがいいかな。
昼顔の監督さんは、斎藤さんにたぶん後者を求めたのかなぁなんて思ったり。
長瀬君は、後者の色気が凄くあると個人的に思ってます。
なんか、ふとしたタイミングで、おおっ!って思うことよくありますもん。
って、これはファンだからかな(笑)。

ストレス解消は、上戸さんがFeel Cycle 、斎藤さんが水風呂。
サウナには主がいるんですね(笑)。
松岡君もサウナ好きだから、気が合うかも。


「ごめん、愛してる」
の公式サイトがオープンしました。
夏らしい爽やかなデザインです。
主人公の映像がないのが残念。
何とかならないものかしらね~。
スポンサーサイト