フィギュアスケート国別対抗戦の録画を少しずつ見ています。
今回嬉しかったのは、アイスダンスの試合をばっちり放送してくれた事。
世界選手権もグランプリシリーズも放送はほぼシングルのみ。
私は、結構アイスダンスを見るのが好きなんで、放送があったのは嬉しいです。
アイスダンスはジャンプはないのですが、とっても滑らかなスケーティングと速い速度で繰り出されるステップが楽しめます。
あと、衣装も素敵なものが多かったり。

国別対抗戦、今回は日本の勝利ということでしたが、ペアやアイスダンスの実力差は大きかった。
来年のオリンピック、ペアは出場枠をとれませんでしたし、アイスダンスは世界選手権でとれなかったので、来年9月の試合の結果次第。
出場できるといいけれど…。

国別対抗は、半分お祭りっぽい、ちょっとゆるい感じが楽しいです。
この試合で今シーズンのフィギュアは終了。
来年はオリンピックシーズンということで、また、凄い戦いが見られることでしょう。

今期見た中で、印象に残っているプログラムは
ボーヤン・ジン選手のスパイダーマン。
ネーサン・チェン選手の海賊。
宇野選手のブエノスアイレス午前零時。
パトリック・チャン選手のビートルズ曲(ブラックバード他)。
浅田選手のリチュアルダンスとチェロスイート。
三原選手のシンデレラ。
・・・といったところです。

ネーサン・チェン選手は4回転が凄いけど、それだけじゃなくて、ポーズひとつひとつが綺麗で姿勢がいいので、今期のお気にいりでした(笑)。
ケガをしないようにして、来年は今年以上に素敵な演技を見せてほしいものです。
浅田選手はジャンプこそ決まらなかったものの、素人目にもスケートが滑らかで、ステップを見ているのが楽しかったです。
そして、伸び盛りの感のある三原選手。
スケートが滑らかに進んいる感じと癖のないすっと跳ぶジャンプが素敵です。
ここ最近の若手日本人女子選手の中では、一番好きかも。
来年も、良いプログラムができるといいなと思います。

来年はいよいよオリンピック。
そんな中で、北朝鮮による緊張状態。
なにかことあれば、オリンピックどころじゃないけど、大丈夫なのかしら?
心配になります。
スポンサーサイト