先日、妹と話していて、長瀬くんは後輩との共演が多いという話になりました。
妹は、長瀬君のドラマをそれほど見ているわけではないので、気がつかなかったそうです。
で、思い立って、パッと思い出せるだけ軽く書き出してみることに。
敬称は略させていただきます。

白線流し―二十五才      横山裕
D×D               岡田准一
池袋ウエストゲートパーク   山下智久
ムコ殿              相葉雅紀
ハンドク             二宮和也
彼女が死んじゃった      小山慶一郎
タイガー&ドラゴン       岡田准一
マイボスマイヒーロー     手越祐也・田中聖
歌姫               大倉忠義
華麗なるスパイ         増田貴久
うぬぼれ刑事          生田斗真
泣くな、はらちゃん       丸山隆平
フラジャイル           安田章大

がっつり共演も、ちょこっと共演もありますが、ずいぶんたくさんの後輩と共演しています。
で、私が知らないだけかもしれませんが、これらのドラマでは、後輩君があまり叩かれていないような気がします。
脚本や演出がよかったとか役にあっていたとかいうこともあるでしょうし、もちろん当人たちの力があったことは確かですが、他のドラマのときよりも評価がよかったりする人もいます。
たまたまなのかもしれませんが、共演者がやりやすいような雰囲気が現場にあるとか、共演者を引っ張れる人が現場にいるとかするのかもしれないと思ったりします。
芝居は一人でするものではないので、共演者って大事なはず。
ファンの欲目かもしれませんが、長瀬くんって、共演者を引き立てる演技ができるように感じます。
ご本人は引き立てようとしているわけではなく、バランスをとっているだけなのかもしれませんが、それが相手を引き立てたり、相手から何かを引き出したりしているんじゃないかなと思ったりします。
贔屓の引き倒しかな?
まあ、現場のことを知らない人があれこれ言っても妄想にすぎませんが。
少なくとも、長瀬君は共演相手をつぶしてしまうような芝居をする人じゃないと思ってます。
スポンサーサイト