フィギュアの浅田真央さんが引退を発表したことを昨夜知りました。
今日、情報バラエティ番組の特集を見ながら、紹介される演技を見返して、泣きそうになっちゃいました。
少女の頃から世界のトップで戦い続けて十余年。
その成績や演技を振り返るのを見て、彼女の凄さを再確認。
素晴らしい選手だったなぁと。

彼女の演技、好きでした。
プログラムを作品にできるスケーターだと思っています。
だから、あの時の仮面舞踏会が見たいとか、ノクターンが見たいとかってなります。
高橋大輔選手もそうですけど。
印象に残る演技が、たくさんあります。

彼女の演技を見ていると、その動きに強さと柔らかさが一緒になった独特のしなりのようなものを感じます。
他の選手でそれを感じることがないので、それは彼女の個性なのかなと。
私にはそれがとても魅力的で、彼女の演技に引き付けられました。
トリプルアクセルを跳ぶジャンパーでありながら、表現も豊かで。
軽やかに、あるいは力強く踏むステップも好きだった。
演技もスケート技術もどんどん成長していって、トップアスリートが成長する過程を見せてもらいました。
誰の目から見ても記憶にも記録にも残るアスリートですよね。

ケガで思うように練習ができなくなったことが、引退を決意させたのではという佐藤コーチの言葉に、浅田選手の凄さを感じました。
それだけ、怪我が辛かったってことでもありますよね。
ゆっくりけがを治して、体のケアをしてほしいです。

たくさんの美しい演技をありがとう。
スポンサーサイト