「TOKIOカケル」ゲストは中村七之助さん。

長瀬君は、七之助さんとは映画の弥次喜多とドラマのうぬぼれの2回共演していますね。
どちらもクドカン脚本で、役柄上では長瀬くんが七之助さんにラブでした。
弥次喜多の方は、両想いだったけど、うぬぼれは片思い(笑)。
フジテレビさん、共演の映像って、一番のラブシーンを持ってきたのはわざと?
長瀬くん、根はシャイな方じゃないかとお見受けするんですが、お芝居となると照れもなく思いきりやりますよね。
まあ、役者なら当たり前っていえば当たり前なんですが、思い切りの良さが凄いなと思う時があって。
弥次喜多のラブシーンも、弥次さんにためらいも背徳感も見えず、ただただ純粋に喜多さんが好きだというのが伝わってくるようなものだったので、淫靡な感じというか厭らしさみたいなのを感じませんでした。
今、気がついたんですが、好きという表現をする時に、長瀬君ほどに純粋な好きを表現できる俳優さんってなかなかいないような気がします。
他の俳優さんの表現する好きは、微妙な雑味があることが多く、言い方を変えれば好きの中にもいろんな感情が見えてくる感じで、それはそれで悪いどころかいいことで、感情に深みが出たり、演技に味が出たりするんです。
長瀬くんも、演ずる人物によってはそういう、味のある好きを演じている時もあります。
ただ、はらちゃんとか弥次さんを演じたときの、本当にピュアな好きって感じは、そういう役自体がめったになくて役者さんがなかなか演ずる機会がないってこともあるでしょうが、長瀬君以外に、ああいう感じを見たことがほとんどないような・・・。
そして、長瀬君は凄く自然にそのピュアな好きを演じて見せてくれます。
これって、簡単なようでいて、結構難しかったり、役者さんの個性に寄るところが大きかったりするのかなと思ったりします。

松岡君とは荒川の花火大会で出会ったとのこと。
彼女さん、大丈夫だったのかしら?

駅女子の時、CAのまねをした長瀬くんが、妙にかわいくて…。
CAって、男性もいるんですよね。
ぜひ、男性CAドラマがあったら、長瀬君にやらせてみたいと思うくらいには、私の目にはかわいく見えました(笑)。

普段の自分を知った上で、舞台の自分を見てもらった方が、女心は掴みやすいっていうの、わかります。
みなさん、舞台の上で輝いてますから。
長瀬君はコンサートに彼女が来るのは嫌なの?
聞かれて答えて「嫌だ・・かも」って日本語が変になるまでの流れに、長瀬君の照れがあってよかったなぁ。
いいもの見せていただきました(笑)。

勘三郎さんそっくりのポーズをする5歳の甥っ子さん。
将来、大物になるかも?!
仕草とか口調とか、家族でうつる(?)ってことありますよね。
なんで、そんなところで同じポーズするのかと思ったり、親子で同じ癖だとか。
甥っ子さんのもそういう感じなのかな?

最後、天井から落ちてきたほこりを見て、お父さんが遊びにきているってことにしようとするのが、なんか、あたたかい感じ。
お父さん、洒脱な方だったなあと・・・。

眼鏡の長瀬くん、素敵でした。
映画の撮影の間は、この髪型でいくのかな。
スポンサーサイト