Mステのスペシャルでジャニーズのデビュー映像を見ました。
デビューしたころのTOKIO、アイドルとして輝いてましたね。
15歳の長瀬智也の美少年ぶりは、筆舌に尽くしがたいものがあります。
私は当時、デビューしてまもなくの長瀬くんの姿をテレビで見るたびに、山本リンダの狙い撃ちの一節が頭に浮かんだものでした。
♪神がくれたこの美貌 無駄にしては罪になる♪って(笑)。
ほんと、これほどに恵まれた容姿はそうそうあるものではないのだから、きちんと育てて綺麗な花を咲かせてくれよと願ったものでした。
我ながら、大げさですよね。
その後、TOKIOは思うほどにはブレークすることはなく、長瀬くんの一般人気も評価も何故か今一つ。
やっとムコ殿でブレークするかと思いきや、その直後にかつての彼女さんとの交際発覚。
せっかくつかみかけていた女性ファンが掌から逃げていったような感じがしました。
何もこのタイミングで・・・、もったいないと思ったものでした。
あそこでもし、交際がなかったら、発覚していなかったら、もう少しアイドルとしてファンがつかめていたんじゃないかと、今でも思っています。
それがよいか悪いかはさておき。

デビューから20年以上たって、美少年は美青年、美丈夫となりました。
成長と成熟。
年を重ねての変化を自然に受け入れて、長瀬智也は今も美しくかっこいい存在として、私の目には映っています。
若い時にはなかった、大人の男としての色気や、渋みさえも見せ始め、その存在感は、若い時の彼からは正直想像していなかったほどです。
今も、15歳の時以上に、こんな人はめったにいないと思えています。
こんな調子なんで、まだ、当分はファンを続けていきそうな気がします。

踊るTOKIOも、今では貴重。
Twitterを見たら、長瀬くんのバク転に初めて見たと驚いているものがちらほら。
TOKIOは全員バク転ができたグループだったんだよ~とつい言いたくなったり(笑)。

ところで、TOKIOカケルの好みの下着話の時にプロレスラーの三沢さんの名前が出ました。
小栗さん、いやらしいことを考えると頭の中に緑のサテンの下着が浮かぶとおっしゃっていましたが、今回の三沢発言で、浮かんだ途端に三沢さんの姿を連想するようになってしまったら、ちょっとかわいそうかな~なんて思ったり。
私だったら、きっと思い出しちゃうと思うので(笑)。
スポンサーサイト