「TOKIOカケル」1時間SP。

1時間、楽しませていただきました。
高橋大輔さんとのトーク、ジャンプの実技を交えてというのがよかったです。
松岡君、ジャンプ頑張りましたね。
バレエで言うザンレール?みたいな感じなのかしら。
昔取った杵柄なんて謙遜してましたけど、最近は表立ってダンスもしてないのに大したものです。
フィギュアの事、選手のこと、もっとたくさんお話を聞き出してほしかったです。
太一君が太田由希奈さんの名前をあげていましたが、彼女の演技は、本当に優雅で綺麗でした。
でも、学業に力を入れたかったということもあって、わりと早くに引退して、今はプロとして滑っていらっしゃるようで。
長瀬くんのオールバックに眼鏡は、素敵でした。
高橋さんの横で、言葉を足したり色々しゃべりやすいようにしていたような。

小栗旬さん、ジャニーズの連絡先を知っているとのこと。
生田君や松本君との親交は知っていましたが、TOKIO3人とも親交があったんですね。
そこにムロツヨシさんの名前が上がるのが、また楽しかったり。
ギャラの半分を差し入れするとのこと。
ジャニーズは事務所が手配してくれているみたいなことを言ってました。
まあ、どちらにしても経費になるんだろうけれど、事務所の経費になるのか本人の経費になるのかの違い?
あと、松方弘樹さんの話は、いい話だなと思いました。
そういう風に、先輩が後輩に伝えられるものってきっとあるんですよね。
それを伝えようとする側も受け取ろうとする側も、素敵です。
好みの下着話は、深夜枠ならでは?
小栗さんの嗜好がとっても具体的なのに笑ってしまいました。
長瀬くんのTバックはあまりリアリティのある発言とは思えなかったなぁ。
リーダーになると、もう、昔の映画の中に出てくるような感じですね。
確かに、ガーターベルトは色っぽいですけど、リアリティはないです(笑)。

最後、ボディビルの方が登場していましたが、それは無くてもよかったかな。
凄い鍛え方には感心しましたが、もっと、高橋選手の土俵であるフィギュアの話や、引退してからの今の話を聞きたかったです。
スポンサーサイト