「TOKIOカケル」のゲストはNEWSの手越祐也君
ジャニーズ年表は、だいぶ広がりを見せてきていますね。
ジャニーズがどのくらいの頻度でオーディションをしているのかは知りませんが、同じオーディションで残った3人が3人ともデビューしているっていうのは凄いですね。
オーディションのその日に雑誌取材っていうスピードにびっくり。
ジャニーさんってこういうところ凄いかも。
NEWSも色々あったけど、今がいい状態なのかな?
入所して10カ月でデビューって、ホントにスピード出世ならぬスピードデビューだったんですね。
他のメンバーと比べて、経験が少ないし年下だしで手越君なりに苦しんだ時期もあったようです。
今はすっかり、タレントとしてのキャラも確立している感じに見えますけど。
ふと思うに、マイボスで共演した時の長瀬くんの年齢に、今の手越君はなっているのだと考えると、感慨を覚えたり。
他局だから当たり前なのかもしれませんが、マイボスの時の話は全然出ませんでした。
長瀬君は、たとえゲストとドラマで共演していても、相手から話をふられるか、メンバーから話をふられるかしない限り、自分からはその話題を口にはしないんですよね。
番宣がらみだと別かもしれませんけど。

太一君の娘さんが手越君を見て泣き止んだ話、笑ってしまいました。
娘さんが成長して、誰かのファンになった時、太一君どうするんだろう。
女の子だと、もう幼稚園くらいで好きなアイドルとかいたりする子もいるからなぁ。
意地悪なリーダー(笑)。
子供って、テレビを見ていてお気にいりのものを見付けたりすることってありますよね。
で、気に入ると何度も何度もそれを見て喜んでいるという。
ただ、一旦飽きると見向きもしなくなるんですけど。
太一君の娘さん、手越君が気に入ったのかしら?
あと、逆に、嫌いなものってのもあって、テレビにそれが映ると泣き出したりってこともあります。
うちの娘の場合、それが笑うセールスマン喪黒福造とお相撲さんでした。
テレビのCMで喪黒福造が出てくるのがあって、突然泣き出すんで困りました。
あと、お相撲は、相撲番組はもちろんダメですし、ニュースの今日の取り組みになると慌ててチャンネルを替えたり。
今振り返ると、懐かしくも面白かったり。

超ポジティブの手越君ですが、その認識にはいくつか首をかしげることも。
まず、「モテない人はチャラくもなれない」とのことですが、チャラいだけでもてない男はこの世にごまんといます。
逆にチャラくなくてもてる人もいます。
真にもてる男は、チャラいとは言われないと思うけど(笑)。
好きな子に気持ちを伝えるのはいいけど、「付き合わなくてもいいけど、好きでいていいですか?」は、好意を持てない相手にこれを言われたら、相手を嫌いになりそうだし、気持ちが悪いと思ってしまいそう。

2年後に告白した彼女は、それなりにいい子だったようで。
失恋しても1日で立ち直れるって、メンタルが強いのか、恋愛そのものがあまり重くないからなのか?

長瀬くんの好きなタイプは軽のワゴンに乗ってるヤンキーで、そういう子は真面目でズルができないなんて言ってました。
この、長瀬くんの認識もちょっと間違えてますよね。
たぶんですが、ヤンキーに不真面目でずるがしこい子もいますよ。
たちの悪いヤンキー娘ってのもいるので、その辺、注意してほしいなぁ。
あと、好きなタイプと実際につきあって合うタイプはまた違っていたりすると思います。

TOKIOへのダメだし、TOKIO革命(笑)。
TOKIOよ踊れ
ライブで踊れってことのようですが、今のライブの感じだと踊ったらそこだけ浮きそう。
せっかく、音楽を聴いてくれるファンが育ってきているし、新しいファンがそれを望むのかは疑問。
でも、ジャニーズ好きには確かにウケるかも。
昔は、TOKIOのライブにもダンス曲があったりしました。
アイドルっぽさが薄れるにしたがって、ダンスもしなくなりましたけど。
まあ、TOKIOが踊ればプレミアム感はあります。
ボーカル長瀬よ 甘い言葉を言え
甘い言葉は、悪くないけど、まあ、手越君のそれとは違う感じがいいかなと。
さりげなくかけてくれた言葉が、思いがけずに甘い感じがイイです(笑)。
キャンディーやすぐにとけちゃう砂糖菓子の甘さじゃなくて、ちょっと苦味のある余韻が残る大人の甘さ希望です!
今回の手越君提案でのチャレンジ。
長瀬くん、ちょっと、うぬぼれっぽかったり、照れた顔がかわいかったりしたので楽しませていただきましたけど、甘さにキュンとするというより、照れてる顔のかわいさにフフフって母性本能くすぐられた感じです。
リーダーは、さすがアイドルを自覚するだけあって、けっこういい感じだったんじゃないかしら。
あと、長瀬くんはオラオラではないですよ。
オラオラだと思っているのはファンじゃない人。
たぶんファンは、オラオラところか、癒し系ホンワカ系のおおらかな人だと思っているから。
結局、長瀬君はそのままでいいんですが、たまに、大人の甘さを見せてくれたらなおよしですし、見せた後で子供のように照れてくれればさらにさらによしです。
あ、ちなみにこれは、単に私の好みを書いているだけですので。

ともあれ、確かにTOKIOにはもっと売れてほしいと思うし、なにより、アルバムを出したり、ライブをしたりしてほしいです。
他をうらやむことはしたくないけれど、アルバムを出してツアーって聞くと、TOKIOはいつ?って思ってしまいます。

長くなりましたが、今回のトキカケ、楽しかったです。

追記
長瀬君は、甘い言葉以上に、ラブバラードを全身全霊で歌っている姿とその歌声が、刺さるような苦さと甘さで胸に響きますし、いつまでも歌声の余韻に浸ることが出来るので、私は最高の甘さはライブでのボーカルにあるように感じています。
ただし、ドラマなどで役に入っての甘さはまた別で、甘さに卒倒しそうなセリフを一度聞いてみたいとも思っています。
ライブでファンに対してというのは、聞いていてこっちの方が気恥しくなってしまうし、頑張ってる感がチクチク胸を刺しそうで(笑)。
リーダーも、どんな甘い言葉より、ライブでギターを奏でる姿が一番甘くてセクシーだと思います。

拍手&コメントありがとうございます。

>とろみ様
スクリーン映えする長瀬くん、今から楽しみですね。
スポンサーサイト