東日本大震災から6年がたちました。
あれ以来、私は、外出から帰ってテレビをつけたとき、ネットへ接続した時、録画を見ていてテレビに戻ったとき、大きな地震の報道がないことにほっとしたりすることがあります。
いつも心のどこかで地震を気にしているということなのでしょう。

あれから6年経った今も、被災地は復興途上。
大きな災害でしたから、復興には時間もお金も人でもかかります。
特に福島は原発事故せいもあって、復興の足取りが遅い部分も。
避難区域が解除されても、安全性に不安を感じたりもするだろうし、ライフラインや、生活基盤となる施設や仕事がなければ、帰ることは難しいのが実情ではないかと思います。

いじめの問題も、その人の受けた被害に想像がいかないからこそなのか、わかっていての弱い者いじめなのか、考えると寒々しいものがあります。

原発事故の原因も、いまだきちんと解明されてはいないように記憶しているんですが、調査結果って出ましたっけ?
でも、その結果が出ているどうかすら、普段あんまり気にしていない人がほとんどなんでは。
私もその1人です。
その物事への興味が薄れ、記憶が薄れ、恐怖も薄れ、メディアで取り上げられることも少なくなり・・・これが風化ってことなんだろうなぁ。
ただ、この事故の結果、原発の安全性を上げるためには、多大な投資が必要になることになり、原発事業そのものがとてもハイリスクローリターンの事業になったことは確かではないかと。
現在の東芝の窮状も、仏アレバ社の経営難も、この事故が引き金になっているようですし。
商売として成り立たなくなった時どうなるのか、どうするのか?
原発をやめるにしても続けるにしても問題が多そうで心配になります。
最終的な負担は誰がすることになるのか。

急に思い出してあれこれ言うのはよくないのでしょうが、今日はその日に立ちかえって、震災の恐ろしさを改めて心に呼び覚まし、被災地の復興がどのくらい進んでいるのか、テレビなどで知ることが出来るというのは、悪いことではないのかなと思ったり。

yahooの「 3.11 応援企画 - 3.11、検索は応援になる。」貼っておきます。
https://fukko.yahoo.co.jp/
スポンサーサイト