「歌のゴールデンヒット〜オリコン1位の50年間〜」の録画したものを飛ばし飛ばし見ました。
色々懐かしい映像がいっぱいで。
新御三家と花の中三トリオの時代から、たのきん・聖子・明菜・キョンキョンあたりの時代は、それぞれアイドル全盛期だったんだなぁと。
たのきんの頃って、ジュリーもいて、TMとかサザンとかアリスとかユーミンとか山下達郎とか井上陽水とかもいて、演歌勢もまだまだ意気軒昂で一番日本歌謡界が華やかだった時代なのかもしれない・・・なんて思いました。
日本レコード大賞もまだまだ権威あったし。
日本の歌謡史50年分をざっと振り返った感じでした。

昨年のオリコン年間CDシングルランキングをトップ50くらいまで見てみました。
ほとんどがAKB系の数字グループのCDで、知らない曲ばかりでした。
ヒットしたと思われる「恋」でさえTOP10に入っていません。
それを見て、音楽は配信で楽しむ時代になったことを実感しました。
CDはマニアやファンのためのコレクションアイテムか、あるいは食玩のお菓子状態になっているような…。
普通に曲がよくて買おうっていう層は、配信の方を利用しているのでしょう。
レコードがCDになり配信になってゆくのは、時代の流れで、止めて止まるものではないと思います。
今では、日本がCDの売り上げが世界一高い国になっているという話を小耳にはさみました。
それは、何とかCDを売ろうとおまけに力を入れているからに他ならないからかも。
世界的に見たらCDの発売枚数も、CDショップも大きく減少しているのでしょう。
グラミー賞授賞式を見たからなおさら思うのかもしれませんが、音楽をめぐって、新しいビジネスモデルが生まれつつあるのかな。
廃れるものあれば生まれるものもあり、残るものもあれば消えてゆくものもあるってことで。

とりあえず、ジャニーズに関してはそろそろ音楽配信を初めて見てもいいんじゃないかなって思うんですが、どうなのかしら?
アイドルを楽しむのではなく、音楽を楽しむ層には、配信の方が受け入れやすいはずですし。


DoCoMoのGalaxyのCM、石川県では「カルテット」の後、月曜日の「ユアタイム」内、「王様のブランチ」で、過去流れていました。
捕獲を狙っていらっしゃる方のご参考までに。


拍手&コメントありがとうございます。

>とろみ様
たくさん刺激を受けて、さらに成長した長瀬くんが見たいですね。

スポンサーサイト