先週の「TOKIOカケル」、ゲストは山田涼介くんと桐谷健太さん。

山田君は生まれて初めての初めしが2つも。
まあ、食べ物企画が欲しいのかもしれないけど、2つは多い。
これはひとつじゃないと、ありがたみがないし、そこまで面白くないので間延びする。
ゲストには食べてもらうより、しゃべってもらった方がいいと思います。
あと、食事シーンで咀嚼音を拾いすぎかなとも。

俺カッコいいと思う瞬間は、コンサート中という山田君。
そうだよね、そう思ってかっこつけてないとジャニーズのコンサートはできないよね。
それをちょっととやらせるTOKIO。
これは、見ている山田君ファンは喜んだんでは。
こういうのも、後輩への気遣いだなぁって思いつつ見てました。
無茶振りのようだけど、後輩ファンへのサービスになってます。
そういえば、山田君が先日堂本兄弟に出演したのを見ました。
そこで、バカだと思うジャニーズというお題の時に、堂本剛君が、「群を抜いてTOKIO。」といったんですが、その時山田君、「ああ」とでもいう感じで普通に頷いていたんですけど、そこは頷かないでほしかった(笑)。
ほんとにナチュラルに、頷いていて、後輩の彼の目から見てもTOKIOってそういう風見える部分があるの?なんて思ってしまいました。
一応先輩なんだから、そこは「ああ」じゃなくて「ええ?そうなんですか」って顔してほしかったかも(笑)。
まあ、確かにちょっとおバカなことを一生懸命やったりする番組やってますけど。

メンバー同士のお泊り話。
若いころはあったけれど、今はもう・・・とのこと。
確かに、そういうものかもしれないなぁと。
長い付き合いだからこその距離感があるのかな。

そして、桐谷君と長瀬くんのエピソード、もっと聞きたかったかも。
ちびTからの付き合いですよね。
今回のトキカケは、もうちょっとトークが欲しかったかなぁ。
せっかくゲストが2人、ドラマの宣伝にきてるんだから、ドラマ撮影時のエピソードとかも交えたトークになればよかったかな・・・なんて。


TOKIOカケル、年明けはトニセン登場ということで楽しみです。
スポンサーサイト