週中にTOKIOの会報が届きました。
今回は、メンバーが「愛!wanna be with you…」について語っていました。
それを読みながら、やっぱりTOKIOの根幹はバンドで、それはメンバーの共通認識になっているのを感じました。
DASHの影響で、農家とか職人とか言われることもあって本人たちもそれをネタにしたりしているけれど、根っこの音楽の部分がきちんと心にあるからこそ、そういう風にネタにすることも出来ているんだろうなと。

新曲発売プロモ期から年末歌番組の季節になって、バンドTOKIOに会う機会が増えました。
彼らのパフォーマンスを見ていると、やっぱりライブやってほしいと思ってしまいます。
来年は、何とかならないかなぁ。

普通のバンドだったら、フェスやライブハウスでファンを増やし、そんな中で運よくタイアップがとれたりすることもあるだろうし、ライブで力をつけつつ音楽配信やCDの売上を伸ばし、大きな箱でライブするっていうのが王道の売り方なのかな。
でも、TOKIOの場合、売り方がアイドルなので、テレビで顔を売ってファンを増やし、CDを売り、ライブをするって感じになっているので、音楽活動にかけられる時間が、普通のバンドに比べて少なくなってしまっているような。
仕方ないことだけれど、もう少し、ライブさせてあげたいなと思います。

そして、TOKIOの場合、CDを買ったりライブに足を運んだりするコアなファンより、お茶の間でTOKIOに好感を持ってくれている方々の方が多いように思うので、思い切ってそういった層が気軽に楽曲を手にできるように、音楽配信してみたらいいんじゃないかと思うのです。
その方が、トータルセールスは上がりそうな気が。
今みたいなCDだったら、今まで買っていたファンは今まで通り購入します。
でも、年末歌番組でみて、ちょっといいなと思ってくれた層は、CD購入には至りません。
配信すれば、そういう層にTOKIOの曲を買っていただけるんじゃないかな。
他のジャニーズよりは、そっちの方に打って出るメリットが多そうな気がします。
まあ、これは希望的観測にすぎませんけれど。


長瀬くんが、2016年タレントCM起用社数ランキング男性部門の3位だと知りました。
10社もあったんですね。

ヤマト
フマキラー
福島県
スズキ
ジャパネット
アサヒビール
Zoff
オリコカード
ドコモ
パルコ

半分は、TOKIOとしてのCMですね。
たくさんでている割には、そんなに出ている印象がありませんでした…。
とりあえず、今はオリコカードのCM捕獲を目指してます(笑)。
ジョブチューンが提供番組だというので、そこを狙おうかと。
いちげんさんとYOUは何しに日本へも提供番組らしいですけど。
スポンサーサイト