「ザ!鉄腕!DASH!」、今回はDASH島とDASH村。

DASH島は、近海に鮫が出没しているので、その駆除方法を学ぼうという話に。
まあ、学ぶのはいいけど、実際にやらないでほしいなーというのがホントのところ。
実際プロじゃないんだから、危険すぎる気がするんですよね。
出来ないことはやらせないって判断も必要じゃないかと思うことが、最近ちらほらと。
単なる失敗で終わればいいけど、事故を起こして、一生残るようなケガをしたり人命にかかわるようなことになったらって心配になります。
ただのDASH好きだったら、その辺、危ないことも面白がれるのかもしれないけど、私はTOKIOファンなので。
まあ、そんな事故があれば、番組自体ぽしゃるだろうけれど。
長瀬くんのマグロ漁の時も、テグスで指を欠損する人もって話を聞いて、ひやひやしながら見ていた記憶があります。
ミュージシャンの手や指なんだから、大切にしてほしいなぁ。

16回目の稲刈り
今年は去年以上の豊作のようで。
村の方々も高齢化が進んでいて、もし、この企画が何年も続いていったら、毎年見ていた顔がだんだん見られなくなってしまうこともあるかと思うとちょっと切なくなったり。・・・。
原発事故は、こうした方々の移住を余儀なくさせたんだなと、改めて事故の被害と福島の現状を思い起こさせます。
驚いたのは、レコーディング映像。
新曲のカップリング曲を、少しとはいえここで耳にすることになろうとは。
DASHのTOKIOミュージシャンPR?
わざわざ、この映像のためにレコーディングを撮りに行ったってことですよね。
その直後に、城島君が一番気にしていたのは、コメの作況指数だというナレーションはなくてもよかったかな。
リーダーは音楽にも、米作りにも真剣なだけで、音楽よりもって米作りって感じに描くのは、今のTOKIOの状況だと冗談にならないところがあるかも。
スタッフとしては、ミュージシャンTOKIOを応援してくれているつもりなのかもと思いますけれど、ファンが、ライブやアルバムに飢えているから…。
さらに、、こういう扱いを一部視聴者でTOKIOのことを農家扱いしてtweetする人達が喜ぶのを予想して、スタッフはやっているんじゃないかって思えるのも、TOKIOファンとしてはなんだかなぁな気分。
DASHご褒美で日テレさんがライブのスポンサーになってくれるなんてことないですよね(笑)。
お米の品種改良は、何とか第一歩踏み出せた感じ。
農業試験場みたいなところでは、もっと丁寧な仕事をしているのかななんて思ったりしました。
そして、かけ合わせたお米が、思うような特性を持つかどうかもまだわからず。
成功するといいな。
スポンサーサイト