ミュージックステーションウルトラフェス、ところどころ見ました。

まず、TOKIOのマイク(:_;)
長瀬君と太一君のマイク、おかしかったよね。
なんか、ジャニーズメドレーの音響は残念な感じ。
口パクの方はノープロブレムだけれど、生歌の方は・・・。

それでも、キンキ、V6、TOKIOのメドレーは、曲前の小芝居含めて楽しませていただきました。
長瀬くん、光一君とご近所になったんですね。
で、お箸を借りに(もらいに?)いったと。
今も使っているようで、2膳のお箸ってどんなだろう?
ご近所ということで、これから交流が盛んになったりするのかな。
キンキは20周年イベントで忙しそうだけど。

TOKIOのパフォーマンスは、マイクとか外部的残念要素もあったけれど、結構よかったと思います。
ライブ感があって、会場が盛り上がっている感じがしました。
テレビの前で、私も勝手に盛り上がってました。
あのマイク状況で、よくまとまってたんじゃないかと思うくらい。
テレビの前ではあの聴こえ方だったけれど、実際のライブ会場内ではどんな風に聴こえたのかなぁ。
ともあれ、見ていてライブに行きたくなりました。

始まる前は選曲についてまたかって気持ちだったけれど、番組全体を通してみると、あの選曲があの番組にはふさわしかったんだと思えました。
たくさんの人が知っていて、たくさんの人が口ずさめる歌があるって、素晴らしいことなんだなと。


日本に影響を与えた曲ベスト100ランキングは、まあ、人気投票と懐かし名曲がごっちゃになった感じ。
でも、昭和の曲に関しては、ランキングに入っていた曲は、納得できる曲が多かった気がします。
スポンサーサイト