「TOKIOカケル」、ゲストは佐々木蔵之介さんと知念侑李くん。

知念君はストレンヂアで長瀬君と共演してますね。
でも、一緒に吹き替えしたわけではないから共演って感じではないのかも。
あの時からすると、ずいぶん大人っぽくなり、声も変わりました。

仕事以外で大切なものがメンバーとインターネットだという知念君。
若いなぁって思ったり。
TOKIO、傷ついてました(笑)。
年を重ねていくと、大切なものが増えたり大切なものの順番が変わったりしてゆくけれど、今の知念君らしい答えでした。

自分の携帯電話の一番の大物対決、面白かったです。
意外な人の名前が出たり。
長瀬君は、布袋さんと音楽番組であった時に番号交換したのかな。
役者さんでなく、ミュージシャンの名前を出すのが長瀬君だなって思いました。

知念君が、法事などで親戚一同が集まったときに、1人だけ年の離れた子がいて、おじちゃんたちの会話についていくことはできないけれど、大人しくいい子にして座って話を聞いているって感じに見えました。

どの駅の女性が好きですかって質問。
佐々木さん、おしゃれしてるから日比谷って答えていたのに、浴衣を選んでいいの?
浴衣は日比谷じゃない気がするんだけど。
しかも、選ばれた彼女の合わせが・・・。
スタッフが気がついてあげてほしかった。

佐々木さんの朝シャン話。
いろんな意味で、佐々木さんは酒で出来ているんですね。

今回は、前振り見たいな説明もなく始まって、たっぷりトークを楽しめたのはよかったです。
スポンサーサイト