「TOKIOカケル」ゲストは、中村勘九郎さん。

歌舞伎の世界って、ちょっと特殊な世界なので、そのあたりのお話が聴けてとてもよかったです。
お弟子さんの話とかも面白かった。
親だけじゃなく周りの様々な人に育てられて、歌舞伎役者の道を選ぶようになったのかなと。
きれいごと過ぎるかもしれませんが、環境がもう整いすぎているから、そこから逸脱するほうが大変なくらいかもと思ったり。
役者を選ばなくていいと聞いたとき、才能がないからやめろといわれているのかと思ったという言葉に、その時すでに歌舞伎役者になることを選んでいたのがわかりました。
勘三郎さんは、息子が歌舞伎役者を継いでくれるの嬉しかっただろうなぁ。

4歳のお子さんの舞台、親子共演がいい感じでした。
女形姿かわいかった。
幼稚園時代に、日舞の発表会で綿入れの着物とカツラを着た経験があるのですが、あまりに重くて舞台上で座ったら立ち上がれなくなってしまい凄く困った思い出があります。

前田愛さんも綺麗な落ち着いた女性になられて。
長瀬くんが、誰かわからずに綺麗な人っていってましたが、D×Dで共演してますよね。
あの頃の前田さんは元気溌剌な少女だったなぁ。
雰囲気が変わりすぎてわからなかったのかしら。
D×D、DVD出ないかなぁ。
結構好きなんです、悟と虎之介コンビ。

願掛けの企画はやっぱり好きじゃない。
松岡君が顔を無駄に真っ赤にして苦しそうなところは見たくないです。
そんなところで無理しなくていいって思っちゃう。
企画自体、何がおもしろいのかわから無いし。
その分トークを。


ZoffのCM、15秒バージョンをゲットで来ました。
めざましとユアタイム、ありがとう。
あ、トキカケでも15秒バージョン流れてました。
こちらではCMのオンエアがないのでは?と思っていただけに嬉しいです。
30秒バージョンもゲットしたいのだけれど、難しいかなぁ。
今のところ空振りばかりです。
地方は都市部に比べてオンエア少なそうだし。
ひょっとしたら、このローカルCMの時間に首都圏ではZoffのCMがオンエアされているんじゃないか?などと思いながらCMチェックする日々です。
スポンサーサイト