ナガスタを聴いていて、気がついてしまったんですが、私、長瀬くんが紹介する駄菓子を一つも食べた事がありません。
うまい棒すら食べた事がない。
世代的なものもあるのだろうけれど、考えてみたら娘にもうまい棒を買ってやったことがない…。
娘は、うまい棒を食べた事あるんだろうか?
親に隠れてこっそり食べたたりしたのかなぁ。
私は別に、うまい棒やガリガリ君を禁止していたわけではないんで、食べたければ自分で買って食べればよかったはずなんだけど。
私がうまい棒を食べようと思わないのは、たぶん自分の好みではないだろうと思うから。
実は、私、スナック菓子が苦手なんです。
甘いクッキーとかならいいんですが、カールやえびせん、ハッピーターンの類がダメで・・・。
ポテトチップス、ポップコーンはギリギリ大丈夫なんですが、バーベキュー味とかになるときつい。
塩味か海苔塩、醤油くらいだったらいいんですが。
この味覚の嗜好の偏り、何なんでしょうね?
不思議です。
甘いものが苦手な人がいるんだから、こういう嗜好の人がいてもおかしくありませんよね?

そして、TYTDを見て気がついたもう一つの未知の味。
それは、スムージー。
その存在も、流行っていたってことも知っていましたし、読んでいた海外ミステリーに登場したので、ちょっと興味はあったんですが、スムージーを出すような店に入る機会もなく過ごしていたので、まさか、それがコンビニやスーパーの店頭に並ぶようにまでなっていたことに気づいていませんでした。
スーパーやコンビニで、そういう類の飲料の並んでいる棚を、もう何年も素通りしていたんだと今回気づかされました。
で、これは飲んでおこう・・・と。
このままでは、一生スムージーをのまずに過ごしてしまうと思ったので(笑)、スムージーを買って飲んでみました。
小説で読んだスムージーは、凄く美容と健康にいい繊維質たっぷり作りたてって感じのものだったのですが(この小説ではそのスムージーに薬物を混入し、客を中毒にしてフィットネスクラブの常連にしようとしていたというオチ)、スーパーのスムージーは普通にミックスジュースみたいな味でした。
本格的なスムージーって、もっと美味しいんだろうなぁ。
あの、キラーK様が、生きていれば味わえる素晴らしいこととしてアイスとともに挙げるくらいなんだから。
考えてみたら、アイスとスムージーを揚げている時点で、この映画はもともと夏向きで、公開が遅れてよかったのかもなんて思ったり。
TYTD、たくさんの方に見ていただいて、見終わったら、アイスかスムージーを口にしていただければ、なんて思います(笑)。
スポンサーサイト