「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が、第15回ニューヨーク・アジア映画祭にて観客賞を受賞したそうです。
おめでとうございます。
観客の投票で選ばれる賞ってことで、観客の満足度が高いってことですよね。
宮藤監督も喜んでいらっしゃるようです。
長瀬君もきっと喜んでいるのではないかしら。
長瀬くんは、個人で賞をもらうより、作品が賞をもらう方が嬉しいのではないかな。

映画ナタリー
http://natalie.mu/eiga/news/194620
「TOO YOUNG TO DIE!」米映画祭で観客賞!宮藤官九郎「長瀬くんの顔芸が海を越えた」

宮藤官九郎監督、長瀬智也、神木隆之介出演「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が、アメリカ現地時間7月14日、第15回ニューヨーク・アジア映画祭にて観客賞を受賞した。
同映画祭では、これまでにも「ALWAYS 三丁目の夕日」「嫌われ松子の一生」「HK 変態仮面」といった日本映画が観客賞に選出されてきた。国内だけでなく、海外でも高い評価を得たことについて、宮藤は「観客賞ありがとうございます。この映画はコメディですのでお客さんに評価されるのは何よりの喜びです。ニューヨークのお客さんの反応、見たかったです。長瀬智也くんは日本のジャック・ブラックだと私は本気で思っています。彼の顔芸が海を越えたこともまた何よりの喜びです」とコメントを寄せた。

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は全国で公開中。


映画ランドNEWS
http://www.eigaland.com/topics/?p=26394
『TOO YOUNG TO DIE!』 NYアジア映画祭で観客賞受賞、宮藤官九郎「長瀬智也くんの顔芸が海を越えた」
宮藤官九郎監督最新作、長瀬智也×神木隆之介共演の映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』がNY・リンカーンセンターで開催中の「New York Asian Film Festival」にて観客賞を受賞した。
本作は、宮藤官九郎が豪華キャストで贈る世界初“超地獄級”コメディ。まだキスもしたことがない、不慮の事故でホンモノの地獄に落ちた17歳の高校生・大助を、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる“赤鬼”キラーKの鬼特訓が襲う!生き返りを賭けた大助の地獄めぐりを描く。長瀬演じるキラーK、神木扮する大助をはじめ、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名らが共演する。
著名監督の作品や意欲作の出品が増加すると共に、映画好きのニューヨーカーの間でも年々注目度が増している「New York Asian Film Festival」。世界初となる“超絶地獄”コメディが、国内だけでなく世界から評価されたことについて、宮藤監督は「観客賞ありがとうございます。この映画はコメディですのでお客さんに評価されるのは何よりの喜びです。ニューヨークのお客さんの反応、見たかったです。長瀬智也くんは日本のジャック・ブラックだと私は本気で思っています。彼の顔芸が海を越えたこともまた何よりの喜びです」と歓喜のコメントを寄せた。

毎年6月に開催される同映画祭は、これまでに『ALWAYS 三丁目の夕日』(06)『嫌われ松子の一生』(08)をはじめ、『ちょんまげぷりん』(11)、『逆転裁判』(12)、『HK 変態仮面』(13)、『太秦ライムライト』(14)といった、国内でも話題となった日本映画が観客賞に輝いている。6月25日より公開された本作は、全国288スクリーンで上映され、現在(7月13日)まで観客動員77万5,452人、興行収入10億2,114万8,400円の大ヒットを記録している。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は鬼ヒット公開中


NYAFF公式サイト内Awardsのページ
http://www.subwaycinema.com/awards/

この映画祭で先日、綾野剛さんが世界的な活躍が期待されるアジア人俳優に贈られる「ライジング・スター・アワード」を受賞したとニュースになってました。
綾野さん主演の「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)はこの映画祭のオープニング作品として上映されたそうで。
レッドカーペットに立つ綾野さんの姿を見て、長瀬くんがレッドカーペットに立ったところを想像しつつ、こういう映画祭もあるんだなんて思っていたんですが…。

その後、ブログでこの映画祭でTYTDを見た方の記事を目にして、TYTDも出品されていることを知りました。
この映画祭では、「クリーピー 偽りの隣人」と「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」、「木屋町DARUMA」といった邦画も上映されていたようです。
TYTD、確かロッテルダム国際映画祭でも観客投票でいいとこに着けてましたよね。
てことは、海外の方が見ても楽しめる映画だってことですよね。
世界中のもっとたくさんの方に見てもらえたらいいなぁ。

で、昨日の配信の話に戻っちゃうんですが、この映画を見て音楽が気に入った方が音源が欲しいと思った時、CDだけだと、海外の方には正規の音源が届かないことになります。
映画サントラに関しては、出来れば配信ありにしてほしかったなぁ。
海外で評判がいいと聞くとなおさらそう思います。


ジャパネットのCM、長瀬君バージョンの放映が開始されました。
イヤー、カッコイイです、色っぽいです。
何なんでしょう、普通にしているのに男の色気が漂ってる感じ。
ただならぬ色気です。
公式サイトのメイキングも素敵。
早速捕獲してニマニマしてます。
スポンサーサイト