2度目のTYTD見てきました。
不思議なことに、1度めより楽しめました。
ひょっとしたら、1度めはどんな映画かもわからず緊張してみていたから、思い切り楽しめなかったのかもしれない(笑)。
長瀬君のドラマの第1回目と同じように。

2回目は1回目以上に切なくて…。
でも、ライブシーンはめちゃくちゃかっこよくって。
また見たいと思ってしまいました。
今のところ見飽きる聞き飽きるということがありません。
何度も見たくなります。

名画って呼ばれる映画は、だいたいにおいて完成度が高くて端正な感じ。
そのせいもあってか、見終わった後の満足感というかお腹いっぱい感が強いんです。
そういう意味ではTYTDは名画ではないだろうと思います。
見終わっても、まだお腹が空いていて、もっと見たい、もう一度見たいと思える映画。
完成度は高くないけれど、粗削りな中に魅力的なものがいっぱい詰まっていて、ありきたりではない今までの見たことのない何かを見せてくれて、でも、斬新すぎることも難解すぎることもなく、人の心の根っこの部分に訴えかける普遍的なものを持った、猥雑さの中に人のぬくもりを感じる・・・そういう映画だと思います。
快作?というか地獄映画なので怪作という言葉が似あうような気がします。
宮藤さんと長瀬君にとっての今時点での集大成っていうのも納得できます。
他のどの監督にもとれない映画ですし、他のどの俳優にも演じられない役ではないかと思います。
TYTDは、他のどれにも似ていない唯一無二のとてもオリジナリティの高い作品なのではないでしょうか。
この作品のヒットが、今後の宮藤さんや長瀬くんの活動への追い風になりますように。


拍手&コメントありがとうございます。

>とろみ様
舞台挨拶の長瀬くん、カッコよかったようですね。
生TYTD、羨ましいです。
鬼素敵な長瀬くん、見たかったなぁ。


スポンサーサイト