「関ジャム 完全燃SHOW」を見ました。
よかったー。
長瀬くんの音楽面をこれだけ取り上げてくれた番組って初めてじゃないかしら?
ありがたいです。

音楽の話はテレビでしたことがないといった長瀬くん。
これまで、それを語ることを求められることがなかったからしなかったのでは。
求めてくれた関ジャムという番組に感謝です。

長瀬くんの音楽面、ちょっと持ち上げすぎではと感じる部分もあって、聞いていてくすぐったい気持ちにもなりましたが、普段取り上げられない分だけ、そこは許してって思ったり(笑)。

サマソニ話も初めてきく話で、そんなやり取りが裏であったんだと…。
中止にならなくてよかったー。

作曲についてはリリックをメインに。
苦しんで苦しんで生み出された曲なんですね。
長瀬君を追いこんでくれたスタッフにちょっと感謝。
追い込まれたからこそ、あのリリックが生まれたんですから。
コブクロの小淵さんからの言葉も嬉しかったなぁ。
天然話も面白くはありましたが、せっかくの機会なのでもっともっと音楽について語ってほしかった。
関ジャニへの提供曲「ドヤ顔人生」についても、もう少し話を聞きたかった。
音楽の話をしている時の長瀬くんの目が輝いていて、手ぶりも大きくなるのがイイです。

「いったじゃないか」のセッションはとても楽しそうでした。
一方ソロの「天国」は、しっとりと切なくて甘い味わいがありました。
どちらも素敵でした。

1時間、長瀬君の魅力がたっぷり。
これを気に、ミュージシャン長瀬、ミュージシャンTOKIOに興味を持ってくれる人が1人でも増えてくれればと思います。

そういえば、この番組関ジャニメンバー全員が揃うのってすっごく珍しいのですが、今回は全員揃ってました。
ゲストが長瀬君だから?
関ジャニの曲をやるから?
理由は何にしろ、よかったです。

ところで、パソコンのある部屋でお香をもうもうと焚くのは機械にとってあまりよくない気がします。
スポンサーサイト