熊本4日間の石原プロ炊き出し参加の翌日からは映画のプロモーションで名古屋、大阪と回って、その翌日深夜にはNHKで生放送出演している長瀬くん。
休みなしで、体の方が気になってしまいます。

ローカルの番組は見られないのが残念です。
長瀬くんのウインクとか、見られたりしたようで…。
羨ましいぞ(笑)。

「ねむいいね」は、途中でリタイア。
明日にでも録画を楽しみたいと思います。
途中まで見た限りでは、柔らかな感じの長瀬くんが見られてよかったです。



石原プロの元気食堂に木村君、長瀬くん、岡田君が参加したことを叩く人もいるようで、特に木村君へのバッシングがひどくて、なんだかなぁな感じがします。
バッシングする人の一部は、やったらやったで叩き、やらなければやらないで叩くような人なのかなと思ったりもしますが…。
バッシングについて思ったこと、書かずに置こうかと思いましたが、やっぱりちょっとだけ書いておこうかなと思います。
愚痴みたいになっちゃうかもしれませんので、少しスペースを開けます。
以下は、その手の話題は読みたくないという方は読まないでください。





今回の石原プロの炊き出しへの参加を持ちかけたのは長瀬君だとのこと。
長瀬くん、たぶん、前から何か自分に出来ることをやれたらって考えていて、それが石原プロの炊き出しへの参加希望って形になったのかなと思います。
個人で何かすればいいじゃないかと思う方もいらっしゃるでしょうが、1人で動いても大したことはできないばかりか周りに迷惑をかける可能性があると考えたのではないかと思います。
長瀬君は、パブリックイメージはどうあれ、ずっと見てきた限りではかなり慎重な人だと思います。
なにかする時、周りを見て、リスクを考えて、行動する。
リスクを覚悟で行動する時もないわけではありませんが、基本は慎重な感じ。
石原プロの元気食堂は、芸能人が芸能人としてボランティアをすることによって、被災者を励ますというひとつのイベントになっているんじゃないかと思います。
で、これに他の事務所所属のタレントが参加するとなれば、石原プロとジャニーズ事務所の双方にキチンと話を通して双方を動かさなければならないはず。
それをやったから、今回、ジャニーズの3人が参加できたのだと思います。
中居君が早い段階でプライベートで被災地でボランティア活動していたのを引き合いに出して今回のことを叩く方がいますが、個人的にプライベートでいくのと、今回の違いは色々あるのでは。
まず、活動の規模。
石原プロの活動は、芸能人であることを前面に押し出したボランティア活動で、結構大掛かりなものだと思います。
プライベートの場合に比べると、よりたくさんの人にその姿を見せて大っぴらに活動することができます。
話題にもなりやすく、それが被災地へ人々の目を向けさせることにもなりますし、ひいては支援の呼び水にもなるかと思います。
プライベートでは、そこまで大きな動きをすることは難しいかと。
次にリスクの問題。
芸能人がボランティア活動をすることで生じるリスクに、野次馬が集まったりして現地で混乱が生じ、被災者に迷惑がかかることが考えられます。
急に目の前に有名芸能人が現れたら・・・と、考えたとき、プライベートよりは今回のような形の方が、芸能人が来ること前提で行われ仕切りがしっかりしている分、トラブルは起きにくいのではと思います。
また、もしトラブルが起きてしまった場合でも、責任の所在がはっきりしていますし、事務所もその行動を把握しているわけですから対応しやすくなるでしょう。
逆にいえば、中居君がお忍びで・・・と、週刊誌などに書かれているのは、お忍びでないとトラブルが起こりやすいからだとも思えます。
そういう意味では、プライベートでお忍びな中居君の対応は、それはそれで正しいと言えます。
プライベートなのに派手に動いたら、トラブルを引き寄せかねませんから。
最後に、身軽さ、フットワークの軽さでは、プライベートでの活動の方が勝っています。
中居君をはじめとする方々の行動力は称賛されてしかるべきかと。
元気食堂に参加となると、よりたくさんの人を動かさなければならなくなり、その手続きや折衝といった手間や時間がかかることはあるのではないかと思います。
ただ、手間と時間がかかる分大きな活動ができるので、その手間をかける面倒を厭わないマネジメント力は称賛されてもいいのでは。

つまりは、どちらがいいとかどちらが正しいとかいう話ではないと思います。
被災地支援のやり方の違いなだけで。
どちらでも、被災者の方々の笑顔のためになっていればそれはいいのでは。

それなのに、中居君のプライベートでのお忍び支援がウケるのは、日本人はお忍びが好きだからじゃないかと。
暴れん坊将軍、水戸黄門、遠山の金さん、どれも、身分を隠して貴人が市井に混じって、最後には問題を解決するお話。
中居君は芸能人で、一般の方からは憧れの存在。
その人がお忍びでっていうのは、お忍び貴人好きの国民性から考えて、単純にウケがいいんだと思います。

それから、中居君の被災地支援と木村君の今回のそれのマスコミの扱いの違いに怒っている方がいますが、それは、プライベートとパブリックの差だといっても差し支えないかと思います。
最初から、石原軍団というマスコミの取材対象の中にいたのと、現地でゲリラ的に動くのでは、取材するマスコミの側の数も準備も違います。
中居君をもっと、という方は、中居君がマスコミに囲まれて身動きがとれなくなり、活動に支障が出るのをみたいのでしょうか?
プライベートのボランティアを派手に扱うと、たぶん、その後の活動がしづらくなるはず。
中居君にとっては、大きく扱われないことの方がメリットが多いと思います。
逆に、石原軍団の方は、大きく扱われることに意義のある活動だと思うので、マスコミの報道大歓迎なのではないでしょうか。

ともあれ、どちらも被災者に笑顔を届けようとしての行動。
貴いことに変わりはないかと。
スポンサーサイト