春ドラマ、今見ているのは
「ゆとりですが、なにか」
「トットてれび」
「重版出来」
「奇跡の人」
「火の粉」
と、なりました。

「ゆとりですが・・・」
今の社会人3年生くらいの若者たちの姿を描いていて、見ていておもしろいです。
登場人物が、とっても奥行きがあるというか、人間味があるんですよね。
キャラじゃなくて、人物って感じがします。
ところどころにジーンとくるセリフもあって、いつもよりちょっと切なさ成分は多いかもしれませんが、やっぱり宮藤さんらしい脚本だなと思います。

「トットてれび」
映像が何ともおしゃれな感じ。
満島さんは適役だと思います。
テンポもよくって、30分で見やすいのもイイですね。

「重版出来」
お仕事もので、漫画編集者が主人公。
コミックイベントがでてくる回では、ただエキストラを集めるのではなく、販売サークルをエキストラとして集めて撮影したそうで、作り手のこだわりと本気がうかがえます。
原作がそうだからかもしれませんが、漫画や漫画家をかなりちゃんと描いている気がします。

「奇跡の人」
はらちゃんの河野さん、岡田さん、狩山さんが製作スタッフに名を連ねています。
河野さん、日テレ以外の仕事もなさるんですね。
ちょっとびっくりしました。
見ごたえのあるドラマになっています。

「火の粉」
こわ面白いドラマです。
怖いもの見たさでついつい見続けてしまっています。
ユースケさんの狂気を抱えた感じがとてもはまっています。

今期は、これ以外にアニメ「ジョーカーゲーム」「精霊の守り人」も見ています。
「精霊の守り人」は、やっぱりドラマよりアニメの方がいいと思っちゃいました。

いろいろ見ていて、結構忙しいです(笑)。
スポンサーサイト