Twitterを見ていたら、ジャニーズのグループによってコンサートのノリ方が違うファンというのがやたらtweetされてました。
これって、TOKIO、オチに使われてますよね。
キスマイと嵐の違いがよくわからないのですが、キスマイはやたらペンライトをふって名前を叫ぶ、嵐はとにかく悲鳴を上げるってことでいいんでしょうか?
実際とは違っているかもしれませんが、どちらのグループのコンサートを見たこともないので実際のところがよくわかりません。
なので、ファンの人からすれば、彼らのコンサートのファンもこんなんじゃないよって思っているかも。
TOKIOに関しては、ファンとしてはっきり言えます。
こんなんじゃないよと。
一般的TOKIOファンをやるつもりなら、まず、うちわは置け。
(特にあの、タレントにやってほしいことを書いているおねだりうちわを見ることはまずない。)
演奏中、叫んだり騒いだりしないのは確かにそうだけど、あんなつまらなそうにリズムも取らずに振りをしているってことはない。
ま、叫ばない騒がないってところだけを誇張したらああなっちゃうんでしょうかね。
あれをやっている方がた、実際のライブを見たことはあるのかしら?
こういうネタって、まねするものに対しての愛情がないといまいちな感じになるんですよね。
愛情がない場合は、逆に批判精神にのっとった鋭い皮肉が効いていれば面白くもなりますが…。
一番嫌な感じがするのが、まねする対象に本当はたいして興味がなかったり、バカにしているのが透けて見える時。
彼女らに関していえば、このネタをやるには今一つ、研究不足だってこと。
TOKIOファンをオチに使うつもりなら、もっとTOKIOファンを研究してからにしてほしいって思ってしまいました。
ものまねの基本って、対象を観察して研究することなんじゃないの?
ネタに発展させるのはそのあと。
もし次に同じネタをやるときに、持っていた団扇をふり捨てて、無言でノリノリで振りをしてくれたら、今抱いているこのネタに対する微妙なモヤモヤが晴れるかもしれません(笑)。
スポンサーサイト