CDTVとか見ていると、シングルCDのランキングと音楽配信のランキングに並ぶ顔ぶれの差がかなりあるなあと。
一体いつからこんな風にCDと配信にずれが生まれてきたんでしょうか。
で、顔ぶれを見て、純粋に曲を聴きたくて買っているのは配信の方のように感じます。

CDの方は、なんとなく固定ファンというか一部の濃いファン向けの商売になってしまっているような。
曲がいいから買うとかじゃなく、ファンだから盲目的に買う層がいて、その層向けのビジネスになってしまっているような。
もちろん、たまには例外はありますけど。
結果、CDをより多く売るために、色々おまけをつけたり、バージョン違いを出してみたりして、固定層に複数枚買わせるという商法があるわけで。
もはや、CDは音楽を売るのではなく、グッズ、もしくはチケットやくじとして売られているような気もします。

普通の人は、いい曲だなと思っても、CDを買うっていうところまでなかなかいかないのが今なのかもしれません。
逆に、ちょっといいなと思ったら、簡単にダウンロードはするのかも。
で、どちらもしないで、ネット上にUPされた違法な動画とか音源で満足する層もいたり。

いい曲だなと思って、ダウンロードしようと思ってできなかったら、その人がCDを買うかというと、それはあまりなさそう。
別の方法をとりそうな気がします。
今だ配信をしていないジャニーズですが、グループによっては、配信で新しい層が購入してくれるんじゃないかな…なんて思ったり。
そろそろ、配信も検討してみてほしいです。
スポンサーサイト