「ストレンヂア展」なるものが東京では今日まで開かれていたんですね。
今年で公開から10周年になる今でも、こうして展示会が開かれるというのは素敵なことだと思います。
愛されてますね、「ストレンヂア」。
会場がカフェということもあり、予約しないと入れないような状況だったとか。
公開当時は人が入らなくて、興行的には失敗だったけれど、こんなに愛され続けている。
公開時に劇場に行かなかったことを後悔する人も出てきたり、公開時に作品の存在を知らなかった人が、新たな熱いファンになっていたりする。
コアなファンに支えられ、コアなファンを増やしてゆく、アニメ。
この展示会は、もとは「ヂアリストの宴」なる御飯を食べながら作画陣と楽しく過ごすというイベントからの派生だそうで。
制作に携わった方にとっても、特別な作品だったりするのかなと想像したりします。
だったらとても嬉しい。
「ストレンヂア」、かなり完成度の高い作品だと思います。
私は、かなり好きです。
名無し、かっこよかったなぁ。
ある意味、長瀬くんが演じた役の中で一番かっこいいのは名無しじゃないかと思ったり…。

「ヂアリストの宴」では、加工前のアフレコ映像が一部公開されたりしたようで、SEやBGMなしの声だけの状態、ちょっと聞いてみたかったなーなんて思ったり。
参加者の中には、長瀬君の声の演技をあらためにいいと思ってくださった方もいらっしゃったようですし、安藤監督も長瀬君の演技を褒めてくださっていたようですし。
まあ、この辺りは、Twitter情報なので詳しくわかりませんけど。

ストレンヂア、10年経っても決して古びることのないアニメですね。
この作品に、長瀬くんが出演できたこと、ファンとしてありがたく嬉しく思います。
スポンサーサイト