リーダー、誕生日おめでとうございます
城島茂さんと呼ぶ方がいいのかもしれませんが、ついリーダーと呼んでしまいます。
昔は城島君って呼んでいたんですけど。
いつの間にか、リーダー呼びに。
先日、リーダーといえば城島茂を思い起こす人が多いというアンケート結果を目にしました。
これってとても嬉しいことです。

TOKIOの原型のバンドを始めたのは、リーダーと山口君。
そこからTOKIOが生まれ、デビューし、21年。
TOKIOが生まれたのも、長く続けられているのも、城島さんあってこそだと思います。
デビューして間もないころ、長瀬君にこんなお父さんが欲しかったと言われたことがあるとか。(真偽は定かでありません)
確かに、一時期の長瀬君の城島さんに対する言動とか、反抗期の子供のお父さんへのそれに近かったのかも。
今は、大人になった息子と父ではありませんが、お互いがお互いを認め合ういい関係になっているように見受けられます。
これからも、TOKIOとそのメンバーをよろしく。

あと、最近のリーダー曲は、王道を外して、こんなのも面白いんちゃうかな?的な感じの曲になっているような気がします。
アルバム曲として、あえて遊んでいるのかなと。
かつてのリーダー曲のような、タテノリ系のガツンとくるような曲もまた聞きたいです。
ぜひ作ってください。
あ、甘めのバラードなんかもイイです。
リーダー曲、楽しみにしています。

TOKIOのリーダーとして、ギタリストとして、タレント城島茂として、充実し45才の年を過ごされますように。
スポンサーサイト