「TOKIOカケル」のゲストは伊藤英明さん。
TOKIOのメンバーとは親交もあるので、雰囲気も砕けた感じでのトークでした。

何度も繰り返しになっちゃいますが、今回の企画、とってもいい感じです。
ゲストさんのことも、TOKIOのことも、新しいことを知ることが出来て。

伊藤さん、確か子供の頃ずーっと入院していて、小児病棟で隣のベットにいた子が死んでしまっていなくなるというような経験を何度かしていて、次は自分の番じゃないかと思ったりするようなこともあったという話を聞いたことがあります。
子供の頃ヘビィな体験をしているのですね。
今は健康そうですけれど。

結婚に関して、太一君、マジで相談してません?
で、写真だけは、怒られるって言葉は、本当だと思います。
結婚式、挙げるかどうかは本人たちが決めればいいことだと思うけれど、女性は挙げたいと思うだろうし、なにより彼女のご両親と自分の両親のためには、きちんとした式を挙げておくのがいいと思います。
親は絶対喜びますよ。

奥さんからの呼び名は不明のままでしたが、よっぽど恥ずかしい呼び方だったのかしら。

長瀬君の夢の話、ずーっと前に聞いたことがあるような気もします。
自分がどこにいるのか、周りがどうなっているのか見えないという不安な夢ですね。
話だけ聞いていると可笑しいけれど、実際同じ夢を見たら、とっても不安で怖いと思います。
昔メントレで夢判断をやったときの夢は、スーパーの屋上で銃を構えて宇宙人と戦うような夢だったような。

リーダーの過去の恋愛話が先週に続いてありました。
リーダー、この番組ではその手の話をすることに決めたのかしら?
リーダーも過去には色々あったんですね。


TOKIOの新曲発売日が近づいてきました。
予約はバッチリ。
これまで予約したりしなかったりだったけれど、予約枚数は生産枚数の参考データになるというので、これからはしっかり予約していくことにしました。
太一君作曲の、「I believe」は、21年目のTOKIOのことを歌詞にしているそうで、これは絶対に聴かなきゃって気持ちになっています。
なんだか、フルでがっちり聴いたら、泣きそうな気がしてます。

o0432054013442992539.jpg
スポンサーサイト