「TOKIOカケル」鈴木亮平さんと、生田斗真くんをゲストに迎えての方言女子。

今回は、京都女子旋風が吹き荒れてました。
「おおきに待ち」なる新語が登場する始末(笑)。
彼女の京都弁を聴いていると、頭の中で中村玉緒さんの声が聞こえてきます。
玉緒さんも京女。
たぶん、京都女子の京都弁ってお年を召した方の京都弁っぽいんじゃないでしょうか。
録画している方、ぜひ、中村玉緒さんの声に頭の中で変換してみてください。
違和感がありませんから(笑)。
間がずるいと言っていた長瀬君。
芝居の上で、間に気を使っているのかしら。
長瀬君の芝居の間、好きです。

長瀬君と愛知女子とのやり取りはカットされちゃったみたいで、ちょっと残念です。
まあ、ゲストと「おおきに」がメインだったので、仕方ありません。

もう、「おおきに」がギャグにしか聞こえなくなってしまいそう。

同窓会LOVE、山口君頑張ってました。
アドリブで決めるのって結構難しそう。

方言女子も同窓会もいいけど、それをネタに盛り上がる男子会をもっと見たかった。

ところで、今回とってもショックなことが。
エンディングに流れた曲がTOKIO曲じゃなかった~!
こんなことって!!!
TOKIO曲に戻してください、お願いします!
それがTOKIOの新曲だったらもっと嬉しいですけど…。
スポンサーサイト