長瀬君の記事がフライデーに載っているという事で、書店に行ってきました。
どんな記事なのか確認しようと店頭で雑誌を開いたところ、何とそのページは袋とじ。
とりあえず松田君と長瀬君のツーショット写真は見られるんですが、記事内容は袋とじの中。
瞬間、この雑誌を買うべきか、ためらいが生じました。
これまでこの手の雑誌で袋とじ目当てに雑誌を買ったことは無いので、もし、買ったとしたら初体験になります。
婦人雑誌やアイドル誌の袋とじには、全く抵抗はありません。かわいいものです。
男性誌でも、そのページ目当てじゃなければ、買うことに抵抗はありません。
でも、フライデーの袋とじページを目当てに買うっとことに凄い抵抗を覚えてしまいました。
フライデーの袋とじ
その言葉から受ける猥雑さと淫靡さとB級感に、本屋の店先で圧倒されました。
で、なんとなく恥ずかしくなって、買う勇気が出ませんでした。

家に帰ってから、かっこいい二人だったなぁなどと思い出し、どんな記事なんだろうと気になってばかり。
やっぱり、ここは買ってドキドキしながら袋とじを開けるべきなのだろうと、思い直しました。
明日、コンビニでフライデーを買おうかと思います。
本屋より、コンビニやキオスクに似合う雑誌だと思うんですよね、フライデー。

それにしても、男同士のツーショット記事を袋とじに持ってくるなんて、あんまりいいネタがなかったのかしら?なんて思ってしまうのは、間違ってますか?
スポンサーサイト