知り合いがおもちゃ屋さんとゲームやDVD・書籍・グッズなどの中古屋さんでバイトをしています。
去年あれほど話題になり、紅白にまで登場した妖怪ウオッチ。
おもちゃ屋さんでは、去年は関連グッズが入荷する端から飛ぶように売れていたらしいのですが、今年に入ってからは一気に動きが鈍ったとか。
そして、中古屋さんの方には大量入荷が続いている状態。
人気に陰りが見えるというか、ブームは鎮まり始めているようです。

不特定多数の人たちのいらなくなったものを買いとる中古屋さんは、人気の低下や、ブームの終りがわかる仕事だと言えるのかもしれません。

実は中古屋さんに最近大量入荷しているものがもう一つあるのだそうです。
それは某アイドルのグッズやDVDなど。
こちらの方も、どうやら人気は低下傾向にあるようです。

テレビ番組もキャラクターもアイドルも、人気を拡大し続けることはできません。
どこかでピークが来て、やがて低下してゆかざるえをえない。
人気をどのレベルでどのくらいの期間維持出来るか。
人気が低下するときの速度はどうか。
人気は水ものではありますが、長く残り続けるには、魅力や実力や努力は必須ですし、運も味方につけないといけないのかも。

中古屋さんでは、作品や人物などが再評価されたりしてファンが増えると、出荷の方で動きがあったりするようです。
中古市場って、人気のバロメーターになるんですね。
スポンサーサイト