「DASHでイッテQ行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦2015春」を部分的に早送りしながら見ました。
全部べったり見るだけの根性がない…。
勿論、1部目のDASH!プレゼンツ”うまいものNo.1はちゃんと見ました。
いろいろなものが紹介されていましたが、結構味の濃そうなカロリーの高そうなものが多かった印象。

ハンバーガーにいろいろなソースをかけて作ったヘビーそうな料理を見ているときの長瀬君の表情が、まだ10代の頃の表情そのままで、頭の中で若かりし日の長瀬君の顔と重ねちゃったりしました。
ハンバーグ好きだから、そういう顔になってしまうのかしら?
それとも、見る方がそういう目で見るから、そう見えるだけなのかな?

焼きラーメンって、以前どこかで食べた事があります。
どこだったかしら?
わたしにはちょっとくどかったけれど、若い男性にウケルのはわかります。
ラーメンの麺の加水率について横で語っているリーダーと松岡くん。
DASHで麺作りに苦労しているからこその会話ですね。

お寿司屋さんのどんぶりは、見習いさんが作るから安いとのこと。
つまりは、プロの技術料はとってもお高いってことですね。
職人の腕にそれだけの価値があるってこと。
それでも素材はいいし、師匠の指導もあるからお値段以上のおいしさなのでしょう。
どんぶりをかっ込む大倉君を見て、これぞどんぶりの食べ方って思っちゃいました。
師匠と弟子のやり取りから、2人の関係が垣間見えるようで、いい関係なのが察せられました。
代わりに拳骨をとか言われたTOKIOですが、手を上げることはなく。
彼に手を上げていいのは、やっぱり、師匠だけだと思いますので、テレビ的に面白そうだからと手を上げたりしないでくれてほっとしました。
素人さんを叩いたり、きつい言葉を投げつけたりして笑いをとるのは、あんまり好きじゃないんで…。

DASHからは松本の「ねぎ餃子」。
長瀬くんとリーダーメインがかっぽう着姿で活躍。
三角巾がないのがちょっと寂しい?(笑)
包丁さばきはまだまだの長瀬君ですが、それでもいつの間にか料理スキルが上がってます。
途中、後輩を呼び込んで餃子の包み方を長瀬君が教えていましたが、教え方がソフト。
後輩呼び込みは、台本通りなのかな。
もし、台本でないとしたら、TOKIOいい仕事したと思います。
とっても自然に後輩を前に出していて、テレビ的お祭りっぽい賑やかな映像になってました。
あれだけジャニーズが並んでも、長瀬くんが決して埋もれないのは、割烹着を着ているからというだけでも、体が大きいからというだけでもなく、存在感があるからだと思っちゃうのはファンの欲目でしょうか?
キリコさんが長瀬君の手の綺麗さに触れていましたが、ホント、男性的できれいな手なんですよね。
手タレにしたいと古館さんに言われただけのことはあります。
そのきれいな手で作業するところに萌えがあったりします。
綺麗な手はただそこにあるだけでも充分観賞に値するんですが、その手が、指が、動いて、何かを作り出しているとき、そのいきいきした手の表情に、さらなる魅力を感じます。

長瀬くんのスーツ姿、かっこよかった。
そして、松岡君のスーツもちょっと面白いデザインでよかったな。
あれは、着る人が着ないとただの変な服になりそうな気がします。

うまいもの№1は海鮮どんぶりになりましたが、ねぎ餃子も2票入ってました。
審査員は、素材の味を生かした料理を選んだのかもしれません。

DASHプレゼンツのコーナーが終わった後も、番組通して山口君とリーダーが登場し続けた特番。
日テレさん、なんとなくですが、バラエティに関してはTOKIOを信頼してくださっているように感じて、嬉しいやらありがたいやらでした。


今朝のZIP!で山口君がつんく♂さんについて、語っているのをききました。
TOKIOメンバーは、もう昨年にはつんく♂さんの病状を知っていたのですね。
自分の病気のことで家族が落ち込んでいるからとTOKIOに声をかけたつんく♂さん。
自分ではなく家族のことを思っているところにつんく♂さんの人柄が出ています。
それにこたえて全員でつんく♂さんのお宅に伺い、花唄を歌ったというTOKIO。
つんく♂さんもギターで参加してセッションになったそうで…。
TOKIOとつんく♂さん、音楽を通じて、いい関係が続いていたんですね。
辛い時に相談できるような関係って、本当にいい関係なんでしょう。
山口君は自分が通っているキックボクシングのジムにつんく♂さんを誘って、つんく♂さんもキックボクシングをはじめられたとか。
朝、何気なく見ていたZIP!で、こんな話を聞こうとは思ってもいませんでしたが、つんく♂さんの家族への思いと、TOKIOとの関係にあたたかい気持ちになりました。
スポンサーサイト