3時間、あっという間のDASHでした。

SPのメインはDASH島。
それにプラスして0円食堂でした。

DASH島
の石橋作り、ほんとに重労働。
楽器を扱う手足なので、くれぐれも無理して傷めたりしないでほしいと、ついつい思ってしまいます。
そして、あまりの計画性のなさに唖然のラスト。
リーダーが「やってもうた」とつぶやいていましたが、やってまったのは山口君なんじゃ?
とにかく、いろいろ見ながらおいおい…なことが多くて。
石を運搬中に落とした時、リーダーの足が近くにあってヒヤッとしました。
あれ、荷物を荷台に固定しておけば少しは荷崩れしにくいのに。
安全性の問題かと。
土台作りは、上にレールがあるのが作業しにくそうで、・・・あとからレールを外していましたが、まず最初に外してから作業すればもっと楽な姿勢で作業できたでしょうに・・・。
支保工、石のサイズに合わせて作るべきだったのに、採寸ミスか設計ミスか?
更に、舟屋前で支保工を作り上げてしまったのにびっくり。
見ながら、なぜここで完成させちゃうんだろう?運搬が大変なのにと思っていたら、案の定。
基本の枠を作ったところで現地まで運んで、最終的に現地で組み立てるんだろうと思って観ていたら、どんどん作業が進んでいくので、なんで?と思ってました。
まあ、トロッコのおかげで何とか運べたからよかったですけど。
でも、運ぶものが重いほど危険度も大変さも増すので、やっぱり現地組み立てにしたほうがよかったんじゃないかしら。
みんなで力を合わせて石を積んで、完成するかと思いきや、大いなる失敗。
せっかく積んだ石を下ろすことに。
おろした石を支保工に合わせて削ると言っていましたが、支保工作り直した方が早そうな気がするのですが、そうでもないんでしょうか?
石を削るのと支保工作り直すのと、どちらが大変?
作業を総合的に合理的に考えて進められる人がいれば、もうちょっと無駄が少なくなるはずなんだけと・・・、と思いつつも、その今一つ計画性と合理性に欠けているところがTOKIOっぽいかもとも思ってしまったり。
TOKIOのやり方って、その売り方のタイミング含めて、首をひねることが多かったりするんで…。
とにかく、本当に、安全第一で作業してほしいです。
ホント、DASHで怪我・・・なんてニュースだけは見たくないです。
技術指導してくださる藤本さんが、とても立派なプロフェッショナルで、びっくりしつつ、ありがたく思いました。

リーダーのキノコ茶、凄いことになってました。
せっかく集めたのだから、キノコ茶じゃなく、キノコ汁みたいな感じにしてはダメだったのかな?
ま、体にはいいんだろうけれど(笑)。

コブダイ観察、楽しそうです。
山口君のダイビング姿が綺麗だなと思いました。
島の周りの海がとても豊か。
今後の観察映像が楽しみです。


0円食堂
は長瀬くん太一君コンビで千葉県。
先週の出張ダッシュ村に続いて千葉県です。
今回は、長瀬君のかわいい表情やしゃべり方がいっぱい。
均整の取れた長身の男前の36歳でかわいいって反則。
キュートなんですよね。
特に、魚民商店のおばさまとの会話はどちらも可愛らしかった。
長瀬君の料理のスキルはアップし続けているみたい。
キッチンカーの天井に頭がつかえそう。
出来上がったパエリアはとってもおいしそうでした。
サラダも春らしい色彩。
リーダーとのコンビになれていたので、最後の締めにダジャレがないのがちょっと寂しく思えた0円食堂でした。

そして、ラスト、新企画スタートの発表。
5人で車座になっているTOKIOの風景がいいですね。
日めくりカレンダー、上手く持っていけば面白いものになりそうです。
楽しみにしちゃいます。


ベープのCM、いっぷくで見ることが出来ました。
次は捕獲できるかな?
スポンサーサイト