「TOKIOカケル」は、宮藤官九郎さんをゲストに迎えての方言女子。

方言女子がちょっと評判がいいからって、そればっかりで大丈夫なのかしら?
この企画、確かに面白いけれど、長続きは難しいような気がするんですが。
なんて思いながら、見始めたんですが、面白かったです。
方言というポイントは結構いいような気がするんで、ここから展開させるのもありかも。
たとえば、地方出身のゲストの方には、方言でやりとしてもらうとか。
ゲストのよりプライベートな一面が見られそうな気がするんですけど。
あとは、TOKIOも方言を学んで、方言男子になってみるとか(笑)。

やっぱり、いずみちゃんと長瀬君がいい味出してます。
長瀬くん、ちゃんとお芝居してるし。
演技仕事がなかなか見られない中で、ミニコント(?)でお芝居している長瀬くんは貴重です。
浮気する長瀬君に、傷ついて飛び出してしまったいずみちゃん。
今後の展開が気になります。
って、これ、お話が続いたりするんでしょうか?(笑)

そして、宮藤さんがちらっと語ったドラマ展開。
ロードムービー風にまとめたら面白そう。
冗談だとはわかっていても、妄想して楽しませていただきました。
妄想力には自信があります(笑)。

それにしても、やっぱりそろそろ演技する長瀬君も見てみたいなぁ。
連ドラじゃなくてもいい。
主演じゃなくてもいい。
納得できるものなら。
って、贅沢かな。
スポンサーサイト