NHKスペシャルの阪神・淡路大震災20年を見ています。
昨日は第2回目都市直下地震 20年目の警告。
今わかっている以外の断層が多数あること。
そして、地表に断層の痕跡を残さない地震が残す地震よりも多いこと。
更に、キラーパルスと呼ばれる周期の地震動のこと。
耐震基準にあっていても、地震の揺れの種類によっては、超高層マンションが倒壊する可能性があること。
見ていて、人間の力の限界を改めて痛感しました。
シミュレーションや想定をして備えをしても、自然の力はそれをはるかに超えた災害として私たちに降りかかってくるものなのかもしれません。
それでも、何もせずに手をこまねいているよりは、災害に備えて、被害を減らす努力はすべきなのでしょう。
そのコストをどのように誰が負担するかという事も含めて、いろいろ考えさせられました。

阪神・淡路大震災から20年。
いろいろな特集が組まれています。
改めて、震災への備えをチェックしなおそうと思いました。
スポンサーサイト