「TOKIOカケル」のゲストは真木よう子さん。

今回は、面白さ的には微妙。
トークより、プレゼントの紹介が長すぎる気がしました。
でも、プレゼントの品物によって真木さんの好みと人柄がうかがえたので、ゲスト主体に考えると悪くはないのかも。
でもやっぱり、面白さはイマイチ。
プレゼンテーションをナレーションに頼らずに、TOKIOにやらせたらちょっと違う感じになったかも。
ナレーションが入るたびに、番組がぶつ切りにされる感じは否めないです。
それよりなにより、ネットの予告にあった新しいお持ちの食べ方はバッサリカットですか?
こっちの方が面白かったかも。
画面に映る餅網と熱気で揺らめく空気が空しかった。
全く紹介がないから、なんでこれがあるんだろうって感じでした。

漫画家さんのサイン入り本は、反則だわ~。
あと、チョコレートはおいしそうだった。
BKBさん、はじめて見る芸人さんでした。
勢いで笑いをとりに行くタイプですね。
長瀬くんが、盗んだバイクだけに・・・とブンブンしてました(笑)。
やっぱりTOKIOはノリがいいことを確認。
グラスは私も真木さんと同じものを選ぶかも。
ただ、グラスをプレゼントするというだけじゃなく、じゃんけんでテンションを上げるというのは面白かったです。
でも、やっぱり、全体を見るともうちょい突っ込んだトークが欲しいかも。
長瀬君ひとり、体を使って真木さん好みのしぐさにチャレンジ。
希望していたのとはかなり違っていたようですが、面白かったのでよしにしてもらえました。
これ、細かく状況設定心境設定して演じさせたら、結果は違っていたかも。
長瀬君のシリアスな芝居の片りんを見てみたかった気がします。

うーん、少々芝居する長瀬君に飢えはじめてるのかも。
昔のドラマを見て、渇きをいやそうかしら。
と、その前にDASHを見て、HDD整理しないと。
スポンサーサイト